スタッフの人数

ベテランに負けじと、未経験で入社した20~29歳の若手スタッフも活躍しています。

座学研修

水栓やトイレの基本構造や仕組みなどを学んでいただきます。メーカーごとに異なる仕様や、古い製品から新製品に変わる中で追加された機能などあらゆる知識を得ることができます。

日々の業務を円滑にするため、上長への連絡やスケジュール管理はとても重要です。社内システムの使い方や確認方法、日報提出のやり方なども丁寧に説明します。

経験豊かなマネージャーが、自身の体験を元に施工の知識や技術をレクチャーします。デビュー前のスタッフのとって、施工現場のリアルな体験を聞くことができる貴重な時間です。

実技研修

お客様からの依頼も多い、詰まりの除去方法を学びます。機械の使い方から、なぜ詰まりが起きるのか、どうすれば除去できるのかといった構造上の仕組みも踏まえて学ぶことができます。

洗面水栓の取り付け、取り外しの実技研修ではマネージャーがマンツーマンで細かく指導します。反復練習をすることで、構造の特徴、コツや力加減といった技術スキルが身につきます。

バーナーを使用し、銅管を接合させる技術研修。火を扱う上での注意点から、やすりがけによる下準備、接合部仕上げの確認など、丁寧かつ細やかに作業工程を説明します。

多くの新人スタッフが使い慣れた水栓であっても、内部構造や仕組みを知りません。アンセイでは実物の水栓を分解し、再度組み立てながら水栓のことを知ってもらいます。

アンセイのスタッフとしてデビューする前に基本的な部材の積み込み研修があります。工具や部材などを実際に一つ一つ手に取り、確認しながら特徴や名称などを覚えることができます。

同乗研修

座学と実技研修を終えると先輩スタッフの車に同乗し、お客様の家を訪問します。作業中はサポートや指示を仰ぎながら、先輩スタッフの作業やお客様対応の様子を見て学びます。

メーカー研修

給湯器をはじめとするガス機器の設置状況や市場動向などのデータを元に解説を受けます。技術や知識だけでなく販売に繋がる背景を知ることでスタッフの大切な営業武器となります。

給湯器の実機を前に構造や機能、施工の技術を学びます。疑問に思ったことや、詳しく知りたいことなどを直接メーカーの方に聞くことができる貴重な時間です。

特殊技術を用いた加工を提供する業者からレクチャーを受けています。新たな技術や知識を得ることで、お客様に提供するサービスの幅が大きく広がります。

部材卸業者を招いて、新しい管材の紹介を受けます。新しい技術や工夫をこらした機能が小さな管材や部品にも用いられています。毎日、部材を扱うスタッフにはとても大切な情報源です。

マネージャーが自らメーカー研修を受け、特殊な技術をスタッフに教え、共有することも多々あります。日々勉強の姿勢があるからこそ、高いクオリティのサービスを提供できるのです。

まとめ

スタッフの多くが業界未経験で入社していますが、デビュー前に研修をしっかり行うことで、技術や知識はもちろんのこと社会人としてのマナーなども身につけることになります。多くの研修を乗り越えたスタッフは「アンセイの顔」として自信を持ってお客様のもとへと送り出されます。