お風呂にカビが生えてしまった…

お風呂や洗面所などの水回りは、カビのトラブルが多い場所です。カビが生える原因には、ある条件があり、特にお風呂場はその条件を満たしやすい環境です。ここでは、そんなお風呂のカビ対策をご紹介します。

お風呂にカビが生える原因

カビが生える原因とは何でしょうか?
カビの発生にかかわる大きな要素は「温度」「湿度」「酸素」「養分」の4つです。これらが揃うとカビが繁殖します。

酸素はどこにでもありますが、湿度が高く、温度は暖かめ、そしてタンパク質や脂質が集まる場所。
家の中でこの4つの要素がもっとも揃いやすい場所といえば、お風呂です。
つまり、カビにとって繁殖するのに最適なのがお風呂場ということになります。

ただし、カビは上記の4つの要素のうち、1項目でも欠けると繁殖できません。ということは、この4つの中で1項目でもしっかり対策すれば、カビのトラブルを避けることができるのです。

カビの予防法

では、お風呂場のカビを予防するためには、4つの要素のうちどれを対策すればいいのでしょうか?
1つずつ見ていきましょう。

まず、絶対に防げないのが「酸素」ですね。
浴室を真空するというのは一般的には不可能です。

次に「温度」です。カビの発生・繁殖の温度は5~45℃と言われ、特に25℃あたりで活発に繁殖するようです。もし、カビの発生を温度管理で防ぎたいのであれば、常にお風呂場を4℃以下か、46℃以上に保っておく必要があります。ですが、お風呂場でその温度を常に保つということは難しいでしょう。

つまり、「湿度」と「養分」に狙いを定めてカビ対策をするのが現実的ということになります。

Follow me!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です